シマボシラスターリッチクリームの卵殻膜エキスとは?

『ぷるぷるの赤ちゃん肌になれる方法とは?』


そんな方法があれば、とっくに広まっているとおもいますし、そんな赤ちゃん肌をもっている40代女性は、ほとんどいないと思うので、そんな宣伝があれば、誇大広告です!





ところで、『ぷるぷるの赤ちゃん肌』がどうして『ぷるぷる』なのか知っていますか?


赤ちゃんのぷるぷる肌は、真皮の構成成分である2種類のコラーゲンのうち、V型コラーゲンによるものです。





真皮の構成成分とは、T型コラーゲンとV型コラーゲンの2種類があるのですが、V型コラーゲンは、加齢とともに減少してしまうのです。


お肌は、表皮と真皮の2段構造になっていて、その奥にある真皮のハリや弾力をささえるV型コラーゲンが減少するので、表面の表皮にシワがよるのです。





これが、見た目を『オバ顔』にする、最大の原因です!


このV型コラーゲンは、25歳を境に減少していきます。だからこそ、V型コラーゲンを補うことが必要となります。


V型コラーゲンを補うのにいま一番口コミでも話題なのが、卵殻膜エキス。


卵殻膜エキスは化粧品としては、最近になって注目されていますが、その効能は傷を早くなおしてくれるということもあり、江戸時代のお相撲さんの時代からその力が知られていました。


お相撲さんは、傷をおったら卵殻膜を傷口にはりるけ、傷が早く治るように処置をしたとのことです。


そんな卵殻膜エキスが東大の名誉教授である跡見先生というかたのチームにより美容にかかせないV型コラーゲンを含むものとして研究・開発されました。


この卵殻膜エキスがあることで、V型コラーゲンを補うことができて、赤ちゃん肌まではいかないまでも、加齢による衰えをすこしでもふせぐことができるのです。


シマボシラスターリッチクリームには、肌の再生をうながすヒト幹細胞エキスやノーベル賞受賞美容成分であるフラーレンとともに、V型コラーゲンを多く含む卵殻膜エキスが含まれています。


↓↓卵殻膜エキスを含むシマボシラスターリッチクリームをお試ししてみる?↓↓


 

サイトマップ